ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

行動経済学と潜在意識へのインプット

2017年3月19日|ビジネス思考法

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

花粉の季節には毎年のどをやられます。
今年も2月と先週末、やられました。
月曜日は、耳鼻科へ。のどの薬をもらいに。
夜は、前日泊で金沢へ移動。
火曜日は午前中が個別コンサルティング、午後はEC実践会です。

夜は懇親会を金沢の百万石バルといういつもうかがっているお店で行いました。
このお店は、金沢の美味しい魚介類をアヒージョにしてくれたりと、
とっても美味しく、またスパークリングワインがリーズナブルで気に入っています。
この日もお伺いしたら、なんとちょうど2周年記念日とのこと。
最初の1杯を100円で提供いただきました。おめでとうございます!
懇親会終了後、そのまま東京へ移動。
水曜日、木曜日は東京・品川でEC実践会、バージョンアップコース。
金曜日は今年3社目のインタビューを行います。

出張前の土日、毎月の音声教材の原稿を書いて録音をする日と
決めていたのですが、のどが痛かったのとだるさがひどかったのでどうなるかな、
と思っていたのですが、やはり「締切効果」は絶大で、
無事原稿も上がり、録音も完了しました。

今回は「行動経済学」のインターネット・マーケティング活用について。
この視点は自分で書いていて面白かった!
事前準備でかなりの本を読んだのですが、のどの影響で
フラフラしていたのですが、ちゃんと内容は頭に入っていました。
さすがフォトリーディング!
あ、フォトリーディングといえば、山口佐貴子さんの新刊が発売中ですね!
今回は「記憶術」にまつわる内容です。

勉強も仕事も時間をムダにしない記憶術
https://www.amazon.co.jp/dp/4479795685

個人的な感想としては、この本は実は記憶術というタイトルですが、
本質はもっと深いところにあります。
今回の音声教材の原稿執筆中にも経験したのですが、
読んだ本やインプットした情報がおそらく潜在意識に
蓄積されているイメージなんです。
で、その洗剤式アーカイブの中の情報同士がぶつかる、
というか化学反応を起こして、新しい物質ならぬ、
新しいアイディアになって顕在意識にアクセスしてくる、
とでもいいましょうか?そんな感じです。

水上の場合、短期記憶が苦手だったのですが、
フォトリーディングを受けてから潜在意識のアーカイブの
力を完全に信用することができています。
だから、なんにも心配しないで本を読んだり、
ネット上の情報を片っ端からインプットしています。
インプットの目的は、今は、コンテンツを作り出したり、
コンサルティングの現場で問題点の明確化を行ったり、
成果を上げるためのアイディアをひねり出したり、
する材料にすることです。

だから情報を丸暗記する必要が無いのでそれだけでも
プレッシャーから解放されています。
丸暗記、苦手なんです。
おそらく役者さんの仕事とかできないと思います。
セリフ覚えられなくて。
でも材料としてインプットするのは得意なんです。
山口佐貴子さんの新刊は、その材料インプット法について
書かれていると自分では解釈しました。
そうやって考えて見ると、ものすごいノウハウだと思います。

そうやってインプットして完成した、音声教材の3月号ですが、
とにかく行動経済学は面白い。
もともと認知心理学が好きで勉強していたのです。
水上の場合、その後、自分で「行動設計」という名前で
ユーザーにこうやってサイトに来てもらって、
まずはこのコンテンツを見てもらって、信頼感を得て、
そこからこんな方にオススメ、みたいな内容を読んでもらい、
商品ページを見てもらって・・・という設計を行い、
転換率を上げていくノウハウとして昇華させました。
実はその行動設計は、行動経済学とものすごく
近い考え方だったことに気が付きました。
自分で事例の分析を行って、生み出したノウハウが実は
「行動経済学だった」みたいなイメージです。
もちろん行動経済学はものすごく奥が深いので、
その入口にも入っていないと思いますが。
でも、自分たちで作り上げたロジックが学術的に証明されている、
というのはとても興味深いことだと思うし、面白かったです。

山口佐貴子さんとは、今度インタビューをさせて
いただくことになっています。
実は佐貴子さんとは、東京FM系列のラジオ番組
「ベストセラーズチャンネル」でパーソナリティー仲間だったのです。
水上は2年間ぐらい担当させていただきました。
そのアーカイブはこちらです。
https://goo.gl/JVUPsS

佐貴子さんには、1度、水上のランチェスター戦略の本で
インタビューを受けたことがあります。今回はその逆になります。
インタビューのときには、もちろん質問内容の準備はしていきます。
ラジオ番組のときは、たとえば30分番組でしたら
30分以上の分量の質問内容を準備していきます。
質問を準備するだけではなくて、想定できる答えも準備していきます。
つまり一人質疑応答原稿を仕込んでいくことになります。
これをやっておくと、かりにインタビュー相手が質問に対して
考え込んでしまっても「○○じゃないですか?」と
助け船を出すことができます。
また、準備していた回答と全く違った回答が返ってきた場合には
「へー!そうなんですね、私は□□だと思っていたのですが、
△△なんですか!それはまた一体どういう理由で、なんですかね?」
みたいに話を盛り上げることができます。
そんな準備原稿をなんとか書いて佐貴子さんのところにお伺いする予定です。

そういえば久しぶりにウェブメディアに記事を書くことになりました。
締切が初回は1週間後とのこと。
これまで7冊の著書はすべて締め切りを守ってきましたし、
音声教材も40カ月間以上、締め切りを守ってきました。
しかし、最近このメルマガの締め切りがあまり守れていません。
今回も、配信日の12時50分にこの部分を書いているありさまです。
配信が14時なのに、です。
ここ1カ月でまともに配信できたのが記憶にありません。

土曜日、ひどいときには日曜日に配信してしまったこともあります。
そんな状況で記事を引き受けてしまいました。
納期は1週間といいましたが、すでに2日間経過しています。
もちろん、原稿は1文字も書けていません。
来週のメルマガでは、その顛末をお伝えすることができると思います。
いきなり穴をあけてしまいました、という内容にならないためにも、
がんばって書こうと思います。
今回は、なんとか金曜日14時台に配信できそうです。