ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

4月も月商ギネスラッシュの予感!

2017年4月29日|ランチェスター戦略

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は、日曜日に前日移動で自宅から名古屋経由、
駒ケ根(長野県)まで行きました。
簡単に書きましたが、自宅から品川まで在来線で40分、
品川から名古屋まで1時間45分新幹線。名古屋からはバスで
駒ケ根インターまで2時間半。5時間位の移動でした。
月曜日は駒ケ根でコンサルティング、この日も駒ケ根に宿泊して、
翌日は駒ケ根から松本に移動。EC実践会でした。
翌日は午前中電話ミーティングのあと、松本空港へ移動、
福岡空港経由で熊本まで移動。松本→福岡間の飛行機があるのは助かります。
木曜日、金曜日は熊本でEC実践会、EC実践会バージョンアップコースを
開催いたします。戻り日は祝日の29日土曜日。
今週も7日間のロードです。

今月もたくさんのコンテンツを新規に作成いたしました。
今月の締めくくりは、今週、クライアント様のところで
ブログの重要性をお伝えするセミナーコンテンツを作りました。
パワーポイント70枚ぐらいの内容です。
あとは、広告運用レポートも作成。
これで今月分のコンテンツ制作は締切分はすべて作りました。
ただ、間もなく5月分の音声教材原稿がありますし、
6月にはSEOセミナーの後半分を作成します。
さらには、6月は大規模なセミナーを開催いたしますが、
そのセミナーコンテンツの制作があります。
おそらく、これらは5月中に作成することになりますので、
5月も相当量の制作になると思います。
昨年10月、東京開催に続いて今年4月に大阪で開催させて
いただきました「SEO実践会」ですが、早くも成果が上がっているようです。
「19位→8位」
等1ページ目にランクアップしたとのご報告もいただいています。

即効性の高いノウハウと、堅実なノウハウを組み合わせて
SEOの設計を行っていますが、それが早くも機能したようです。
6月に2回目の大阪SEO実践会がありますが、
そのときにどのような成果が上がっているのか今から楽しみです。

——————————————————-
■まずはご自身のネットショップのSEO施策をチェックしよう■

▼SEO診断はコチラから▼
https://form.k3r.jp/style_c/seo
——————————————————-

4月もギネス更新ラッシュがとまりません!
特に今年の4月は月商1000万円以上の店舗さんでの
ギネス更新を数多くご報告いただいております。
ようは、月末を待たずに月商ギネス更新が確実になっているのです。
・月商4000万円超の店舗さんからギネス更新のご連絡をいただきました!
・月商2000万円超の店舗さんからギネス更新のご連絡をいただきました。
・月商1000万円超の店舗さん2店舗さんからギネス更新の
ご連絡をいただきました!
おそらく、5月に入ったら、もっと多くの店舗さんからご連絡を
いただけることが予測されます。いまから楽しみです。

この間の日曜日、たまっているハーバードビジネスレビューを
ざっくり一気読みしました。
日経ビジネスだけでもたまっているのに、勢いでハーバードビジネスレビューまで
定期購読しているのです。
日経ビジネスはやっと追いついてきましたが、ハーバードビジネスレビューは
最初から諦めています。
なので、興味のありそうな記事だけつまみ食いすることにしました。
その中の記事を読んでいたら、ものすごく面白くて、紹介されていた
フレームワークについていろいろ考えていたら、
「あ、それってこういうことやん!」と似非関西弁で突然ひらめきました。
そこからいきなりまとめだしたのですが、おそらくまとまりそうな気配です。
新しい音声教材のネタになりそうです。

水上は昔から思っていたのですが「戦略」という言葉があまり好きではありません。
別に軍事用語だから、という訳ではありません。
ターゲットという言葉は使いますし。
定義が人によってあまりにも曖昧だからです。
水上の「戦略」に対する定義は明確にしているのですが、
その定義を書かないまま、たとえばこのメルマガで「戦略」
という言葉を使った場合、間違って伝わってしまう可能性があります。
今回似非関西弁でひらめいた内容は、いわゆる「経営戦略」の
フレームワークなのですが、戦略、という言葉は使わないようにしよう、
と決めました。

そのかわり、最近SEOの施策で使っている「設計」もしくは、
「経営基礎」という言葉で説明しようと思っています。
これまでのコンサルティング経験では個別コンサルティングにおいて
成果を上げている事例において、どのような視点でアドバイスをしているか?
という部分を明確化しようと試みています。
もちろんクライアントの事業規模によって大きな枠組みとしては全くもって異なります。
たとえば水上が理解できる事業規模としては年商100億円が上限だと思いますが、
50億円~100億円ぐらいの規模の企業に対するコンサルティングでは、
それこそ3C分析も必要になってくると思いますし、
弱点を改修していくアドバイスが基本となります。
それに対して1/10ぐらいの規模の企業に対するコンサルティングでは
基本的に真逆のアドバイスとなります。

3Cで分析していったら、ほとんどの事業が「お先真っ暗」になってしまうからです。
この場合はまずは長所を伸展していく方法となります。
勉強において、偏差値の高い学生は、弱い科目を改善していくことで
全体の平均点を上げることができますが、偏差値の低い学生の場合は、
弱いところだらけな訳ですから、逆に得意科目を集中的に
伸ばしていくと効果的なのに似ています。

今回のフレームワークは
——————————————————-
■事業基礎
■資源
■マーケティング
■差別化
■展開
——————————————————-
という視点にわけていき、それぞれにおいて重要要素を
リストアップしています。
それをさらに細分化して具体的な問題解決の視点をご提示する、
という内容を予定しています。これはかなり強力です。
たとえばネットショップを中心としている企業の場合、
SEOは、集客手法だとおもわれていますが、実は事業基礎の設計領域なんです。
さらには「モールで販売するのか?」「本店で販売するのか?」
「Amazonをどのように活用するのか?」という視点も重要です。
6月のセミナーではそのような視点での内容を考えています。
資料やネタはすでに集まっているので、いま考えているフレームワークに
販売チャネルをプラスした内容でコンテンツを制作しようと思っています。
是非、楽しみにしていてくださいませ。