ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

初めての高松と隙間時間の有効活用ビジネスについて

2017年10月14日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は、祝日の月曜日に移動。
自宅から羽田空港まで行き、高松空港まで移動。
リムジンバスで高松駅近くのホテルまで行きチェックイン。前日泊です。
火曜日は10時から電話会議。そのあと駅ビルでランチをとったあと、
タクシーで移動して現場へ。現場では1時間程度視察。
そのあとプロジェクト会議を3時間ぐらい行いました。
夜は、美味しい和食をごちそうになりました。シャンパンが美味しかった。

水曜日は6時半に起床。7時半にホテルをチェックアウトして
現場近くのファミレスの開店を待って、コーヒーを飲みながら資料作成。
8時40分に現場到着。9時から2時間半社員研修セミナーを行いました。
質疑応答を行い、12時に終了。そこからランチは定番の讃岐うどんと、
天ぷらとおでん。食べ過ぎました。
14時の飛行機で高松→羽田空港、京急で品川まで移動。
ホテルにチェックインして、渋谷に移動。ミーティング。
木曜日は午前中は渋谷の税理士さんのところにいき月次の会計監査を行いました。
お昼を食べてから午後は六本木のアークヒルズ、
フューチャーショップさんがあるビルの会議室で
EC実践会バージョンアップコース2回目。
懇親会も楽しかった。

金曜日も品川でEC実践会2回目。金曜日も懇親会。
この日はメディアの取材が入りました。
戻り日は土曜日となります。
香川県には以前1年半ぐらい毎月通っていましたが、
宇多津(丸亀の近く)方面でした。今回は高松方面なので、
瀬戸大橋を渡って左側になります。
月曜日の夜にどこかで夕食をとろうということになり香川は讃岐うどんと
「骨付き鶏焼き」が有名なので骨付き鶏焼きを食べようということになりました。
いろいろ回ったすえ、お店を決めて入店。ビールを頼んだあと、
「あの、この骨付き鶏焼き・・・」と言ったところで店員さんは
「あ、うちは本物の骨付き鶏焼きではなくて、
骨付き鶏焼き風味の焼き鳥なんですけど、それで大丈夫でしたら」とのこと。

風味?
まあ、それでいいです、といって頼んだら、本当に焼き鳥が出てきました。
食べるとたしかに香川の名物骨付き鶏焼きと同じスパイシーな味がしました。
まあ、これはこれで骨が付いていないので食べやすくていいな、と思いました。
それにしてもこのお店、10人以上お客様がいたのに、1人で対応しているのです。
接客係が一人、ではなくて、一人で焼き鳥も焼きながら、
飲み物も作って、お客様にお出ししていたのです。
これはびっくりしました。ものすごく手際が良かった。
水曜日は早起きしなければならなかったので緊張してあまり寝られませんでしたが、
寝られなかった割には元気でした。
音声教材の録音のときも午前中は声があまり出ないので
セミナーとなるとどうかな?と心配していたのですが、
普通に話すことができました。
しかし、9時(正確には8時55分)から2時間半のセミナーを
行うのはおそらく初めてのことだと思います。
意外としゃべれたので、結構朝もいけるな、と嬉しくなりました。

早起きのご褒美でしょうか、夕方お会いした方と夕食を、ということになり、
渋谷のセルリアンタワーの「陳(ちん)」という中華料理屋さんに行きました。
陳建一さんのお店だそうです。
ものすごく美味しかった。麻婆豆腐が四川風というのでしょうか?
山椒がきいていて美味しかったです。
岐阜の「三本足」という中華料理屋さんを思い出しました。
あそこの麻婆豆腐も美味しかった。
そういえばそこのオーナーシェフさんは陳さんの師匠だったか
そんなことをおっしゃっていた気がします。
どうりで味を思い出す訳ですね。
ワインもケンゾーエステートの赤ワインがありました。
さすがの品揃えです。黒酢の酢豚とも良く合いました。
がんばるとご褒美が待っているものです。

火曜日、店舗の視察を行ったのですが、ものすごく広大な敷地だったので、
歩きまくりました。普段は1000歩ぐらいしか歩いていません。
あ、スマートウォッチで計測しています。
ところがこの日はなんと6700歩!毎朝スクワットを行っているので、
そこまでダメージはありませんでしたが、結構疲れました。
先日も松本城まで歩いて行って、結構疲れたのですが、
やっぱり歩くのは大切だな、と思いました。
休日にでも30分ぐらいは歩いた方がいいのかなあ。

——————————————————-
“待ち時間”に眠るビジネスチャンス。コインランドリーは
「洗濯」以外に手を伸ばす
——————————————————-
という記事を見つけました。
洗濯中にコーヒーが飲めたり、海外ではクラフトビールを楽しめたり、
ガソリンスタンドが併設されていたり、と待ち時間の活用提案を
含めたコインランドリーというカテゴリですね。

——————————————————-
洗濯物を洗う待ち時間には、様々なチャンスが眠っているかもしれない。
たとえば、映画館併設で映画を見終わると洗濯も終わっている、
ガソリンスタンド併設で洗っている間に給油や洗車を済ます、
仕事終わりの利用者が多いならアルコールの提供もいいだろう。
付加価値の付け方は、カフェやイベントだけに留まらない。
——————————————————-

水上は、年に2回人間ドックに行っているのですが、
検査と検査の間でかなり待たされることがあります。
事前にわかっているので、本を持って行きます。
その待ち時間は貴重な読書時間になります。全く無駄になりません。
こういう待ち時間の有効活用は重要だと思います。
そしてそこにビジネスチャンスも眠っている可能性もあると思います。
最近の問題点は、阿智村や駒ヶ根からの名古屋への戻りのバスの待ち時間。
この問題点の難しいところは大抵バスが遅れるので、
いつ到着するかわかならいことです。
本を読んだりすれば良いのかもしれませんが、仕事のあとなので、
結構疲れていて、できればビールでも飲んでゆっくりしたいところです。
ところが、コンビニも無ければ、飲食店も無いのです。
あっても、ちょうどその時間帯はランチと夕食の谷間なので
軽食しか出してもらえないのです。
こういう場所に気の利いた飲食店やカフェがあったらめっちゃ利用しますよね。
なんとかならないかなあ。
こういう待ち時間の活用というか、隙間時間の有効活用といった
アイディアってほかにもありますよね。
発想の転換といいますか。
代表的な案件でいえば、トラックの荷物を運んだ帰り道議論。

東京から大阪まで荷物を運ぶトラックは、帰り道は荷台は空の状態で戻るだけ。
ここを旨く活用できると収益は2倍になるわけです。
スキー場の夏場活用も同様の考え方ですね。
先ほどの長野県阿智村のヘブンズそのはらは、冬場スキー場なのですが、
夏場は、星空を売りにして大ヒットしています。
すばらしいですね。

UBER(ウーバー)も車で移動して目的地に行き、
用事を済ませたあとの帰り道はただ戻るだけだったのですが、
そこで同じ場所に行きたい方を乗車させることで
有効活用することができるわけです。
こういったアイディアをいろいろ考えて見るのもおもしろいな、
と思いました。