ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

久しぶりにマクドナルドに行って考えたことと、24時間営業の是非。

2017年11月11日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は(も)日曜日に移動。自宅から名古屋まで行き、宿泊。
ちなみに、11月はすべての週で日曜日移動です。
自宅にまる一日いる日がありません。
なんとか、移動中を利用して音声教材の原稿を少しずつ書きためていきます。
月曜日は、名古屋からバスで1時間半、駒場(阿智村)まで移動。
EC実践会6回目。みなさま、半年間お疲れ様でした!
懇親会では受講者さんにワインを持ってきていただき、堪能しました。
美味しかった。19時50分のバスで名古屋まで戻って、大阪まで移動。
ホテルチェックインは23時。ふう。
火曜日は朝10時からプロジェクトの電話会議。30分ぐらい。
そのあと、ホテルの1階まで降りてロビーラウンジで個別相談1時間程度。
場所をグランフロントに移動してランチ。そのあとEC実践会バージョンアップコース。
シーン提案でいろいろなアイディアが出ました!このワークは面白い!
懇親会は最近気に入っている韓国料理屋さん。相変わらず安定したおいしさ。

水曜日は、大阪から在来線で滋賀県の石山まで移動してランチを
とろうと思ったのですがどこも開いていなくて仕方なくマクドナルド。
最低でも5年ぶり以上。
チキンナゲットろサラダとミネストローネ。あとはダブルマックバーガーの中身だけ。
意外と食べられるものです。そのあと個別訪問コンサルティング。
夜は懇親会が無かったので、京都まで移動してホテルのビュッフェで夕食。
そのあと、新幹線で移動。京都から品川まで。
木曜日は午前中は、ホテルで音声教材の原稿の続きを書く。
お昼をとってから、13時から品川でEC実践会バージョンアップコース!
夜は懇親会。
金曜日は、10時半から個別相談。午前中1件、ランチをはさんで午後は4件。
ハードだったので、夜は焼肉。
戻り日は今週も土曜日になります。

——————————————————-
日本マクドナルド、「マック」VS「マクド」効果で最終利益5倍増

平成29年1~9月期連結決算は、最終利益が前年同期比4.8倍の
154億円と大幅増益だった。8月行った東西の愛称(マック、マクド)対決
キャンペーンで客足を伸ばし、売上高が1871億円と13.2%増、
営業利益は150億円と4倍増した。
——————————————————-
先月からマクドナルドが「チキン事件」移行低迷して米国の本社が
日本法人の株を手放すのでは?というぐらいまで落ち込んだところから
8四半期連続のプラスとなったようです。背景には足立光さんと
いうマーケッターの存在があるようです。
実際に今週マクドナルドに行ったら(マーケティングの意味も
あってランチしました)サラダもちゃんとしていたし、
お店も清潔感があって、きれいでした。
サラダもミネストローネも美味しかったですし、
カフェラテもコンビニコーヒーと遜色ないぐらいのクオリティでした。
お子さん連れも結構いらっしゃったので、
このマクドナルドの復活は本物なのだろうと思います。
この2年間で90%の店舗の改装を行ったそうです。

マクドナルドのQSC+Vというのがあります。
Q(品質)、S(サービス)、C(清潔さ)が最高の形で結びついたとき
生まれるのが、さまざまなValue(価値)というものです。
東西の愛称(マック、マクド)対決キャンペーンやユーザーに
名前を決めてもらうバーガーの企画、チキンタツタとチキンタルタ、
マクドナルド総選挙等、さまざまな企画が繰り出されて、
それをマス広告と、Twitterで拡散。
こういった一連の施策が奏功したように見えますが、実はその裏では
基本となるQSC+Vをしっかりと実践していたとのこと。
大手の事例ではありますが、復活劇は参考になるところが多いです。
来年からはいよいよ店舗数を増やしていく予定とのこと。

しかし2015年の記事を見ると1月はなんと38.6%の減。
2月も28.9%の減と、絶望的な数字を示していたようです。
しかも肝心のQSC+Vがボロボロになっていたとのこと。
その要因が実は24時間営業だったのではないか?というのが当時の記事。
——————————————————-
営業終了から開店までの時間を清掃作業に充てていたから
マクドナルドの店舗はピカピカに保たれていたし、
ピカピカの中で作業をするから、営業時間中も店内や厨房をきれいに
保とうと努力した。
 しかし、24時間営業となると、それまでのように徹底した清掃作業を
行うことは不可能だ。厨房設備も休むことなく使用され続けるわけで、
こちらもしっかりとした清掃やメンテナンスを行うことができなくなる。
これまでのようなCleanliness意識を持つことが難しくなったのである。
——————————————————-
いっぽうで、こんな記事もありました。
——————————————————-
セブンイレブン社長「24時間営業は絶対続ける」

ロイヤルティーの引き下げ、来店客にも恩恵
——————————————————-
店舗も毎年増やす予定とのこと。
向こう3年は年1600店を開業する予定とのことです。
1600といってもビルド&スクラップを含むので、
年800店ずつ増えるイメージとのこと。
現状19800店舗らしいので、近々2万店舗を超えていくのだと思います。
深夜営業を続ける理由は売上が下がるから、という単純な理由ではなさそうです。
——————————————————-
セブンイレブンとして、24時間営業は絶対的に続けるべきと考えています。
社内で見直しを議論したことはありませんし、
加盟店からもそんな声は全く出ていないですね。
まず売り上げに響きます。店を閉じている時間だけじゃなくて、
開けている時間の売り上げも落ちるんです。コンビニ店舗の
売り上げのピークは、夜はだいたい午後7時から10時くらいです。
午後11時に閉店するとなったら、夜には棚から商品がなくなります。
そのまま置いていたら深夜は何も売れないのが分かっていますから、
商品の発注をしぼるんです。
確かに深夜帯はお客が少なくて、売り上げも大きくありません。
けれど、もし午前7時?午後11時の営業にしたら、深夜ぶんの売り上げ以上に、
昼の売り上げが落ちるんです。全体で3割は減収になると思います。
——————————————————-
商品の発注の問題だったのですね。
店舗オペレーション上の問題もあるようです。
30年ほど前、神奈川県で20軒ほど、深夜営業をやめたお店があったそうです。
ところが「作業が回らない」といって、すぐ自分から24時間営業に戻したのだそうです。
コンビニはお客の少ない深夜は品出しや陳列棚を整える作業をしているんですね。
ファミレスのロイヤルホストは、早くから24時間営業を中止したところ、
効率がよくなってランチの売上げが上がり増収増益になったと聞いたことがありますから、
業態によって深夜営業の是非というのはわからないものです。
飲食店の経営は本当に面白いと思います。定点チェックしています。