ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

出張が多いので、交通機関について考えてみました。

2017年12月23日|その他

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は、日曜日に子供の送迎を行ってから、出張の準備。
夕方の飛行機で羽田→広島。
月曜日は、企業様を訪問してから、マリーナホップ(ショッピングモール)の
水族館を見学。
以前テレビで「狭い水槽をいかに広く見せるか?
魅力的に見せるか?」という観点で作られている、と聞いて、
特に「水流」にこだわっているとのことだったので、
とっても興味があり、いつか見に行きたいと思っていました。

日本で唯一人の水族館プロデューサー、中村元さんプロデュースとのこと。
この方、これまでにサンシャイン水族館、北の大地の水族館や
新江ノ島水族館、ソウルの水族館などを監修されているそうです。
これは見に行ってみないと、ですよね。
実際、確かに狭かった(失礼!)のですが、なかなか面白い展示でした。
おっしゃるとおり、海水と淡水の水流が面白い効果を生んでいました。

淡水は水槽は屋外にあり、水流を避けるように、
ヤマメのような魚が岩の内側に群れをなして水流と
反対の方を向いてとどまっていました。
これって、おそらく自然ではこういう感じで生息しているのだと思います。
生態が理解出来て面白いな、と思いました。
こういう視察は実際に見学するとしないとではかなり違いますね。
今後も、できるだけ見ておこうと思います。
火曜日は10時20分の新幹線で広島→博多。

いつもの通り、博多で一旦降りて、改札を出てから、
すぐにUターンしてまた改札を通り、ホームへ。
そして博多から新幹線で熊本の新玉名まで。
これは再三お伝えしているとおり、JR各地域同士の
情報連携の悪さからくるユーザー軽視の実態です。
最近、JR西日本のホテルから連絡が来て、
全国のJRホテルグループに加盟したとのことで、
ポイントカードが統一されるとのこと。
本体も是非連携して欲しいと思います。熱望します。
熊本では個別訪問コンサルティング。そのあと忘年会。
特上厚切り牛タンが絶品でした。トリュフ塩がすばらしい。

水曜日は、熊本から博多まで新幹線で移動してから、
乗り継ぎで博多から名古屋まで再び新幹線。
本当は飛行機で行きたかったのですが、朝早い便しかなくて断念。
そのあと、汽車で高山まで移動です。
火曜日には、みぞれが降っていたようですが。
実際に行ってみると、雪は降っていませんでしたが、めっちゃ寒かった。
以前に降った雪の痕跡はありました。マフラー必須です。
木曜日は高山で個別訪問コンサルティング。

そのまま、また最終の汽車に乗って名古屋経由で大阪まで移動。
金曜日は、大阪でEC実践会。6回目です。懇親会兼忘年会。
今月は懇親会がすべて忘年会となっています。
一体何回年を忘れれば済むのだろうか。
まあ、毎月忘年会みたいなものですが。
戻り日は予定通り土曜日になります。
先週土曜日に自宅に戻ったら、
knot(ノット)さんから荷物が届いていました。
ついにknotさんから「クロノグラフ」が発売されて、
初回ロットを注文していたのです。
https://item.rakuten.co.jp/knot-watch/c/0000000151/

感動の格好良さです!
コストパフォーマンスも高い!
これで、水上が持っている出張用の時計ケースに
3本ラインナップがそろいました。
スカーゲンのスマートウォッチ(黒)、knotの機械式(青)、
そして今回のknotのクロノグラフ(白)、
色も3つとも違うのでシャツの色に合わせてつけかえようと思います。
——————————————————-
国内線の機内Wi-Fiインターネット、ANAも無料化へ 2018年4月から
——————————————————-
マイルをJALに集中させているため、基本飛行機はJALを利用していますが、
ANAはずっと有料だったんですかね?
記事では「現在は40分550円などでの提供」とのこと。
元々JALも有料での提供だったのが、会員特典で無料になり、
現在はずっと無料提供となっています。
そもそも、飛行機代が数万円するのに、
550円とか課金するのが意味わかりません。
JALとかANAとかが考えるビジネスアイディアじゃないですよね?

事業規模と拡張性を考えても。
ANAの国内線年間旅客数は3842万9874人(2015年)とのこと。
25%の乗客が利用するとして950万人×@550円とすると25%
として52億円の売上が良いところだと思います。
そんなにいないかな?40分ぐらいだったら飛行機降りてから
ネットにつなげばよい話ですしね。
羽田→伊丹間だったら飛行時間も1時間あるかないかだし、
ネットが使える時間も40分ぐらいだと思いますし。
実際水上もJALが有料だったとき、メールの返信を行うときは
数十件のメールに返信しておいて
(当然ネットがつながっていないので保留になりますが)
飛行機を降りてからポケットWi-Fiにつないで一気に送信していました。
気になるネットの記事は事前にブラウザで表示させておいて
機内で読んでいました。
1時間程度だったらそうやって仕事しても十分でした。
まあ、無料になってからはつなぎまくっていますが。
そう考えると、10%ぐらいかもしれませんね。有料の場合の利用者は。
そうすると20億円くらいの売上でしょうか?
ANAの年間売上は1兆7,652億円ですから、年商の0.1%程度のインパクトになります。

これをどう見るか?ですが、単純に増し分として考えると
利益の純増になるので面白そうですが、まあ事業としてはANAの規模では
サービスにした方が顧客満足度が高まって良いとの判断だと思います。
それよりは、燃費を向上させる等の施策の方がよっぽど業績における
インパクトは大きいと予測できます。
ネットを常時利用しているユーザーだったらWi-Fiが無料だ、
という理由だけでANAからJALへ乗り換えることも予測できますので。
——————————————————-
タクシー相乗り、来年1月から実証実験 国交省「1人で乗るより割安に」
——————————————————-
一体どんな実験をするのでしょうか?
Uberにすれば一発解決なんですけどね。
タクシーをたくさん利用している身としては、
料金もさることながら、支払いが気になります。
地方へいくほど、現金しか対応していないタクシーが多いのです。
月曜日から土曜日まで出張しているので、
途中で銀行に行けないときとかは現金が足りなくなってしまいます。
クレジットカード決済も降りるまでに時間がかかりますし。
あの待ち時間が本当にもったいない。
都内のタクシーはほとんどがSuicaに対応してくれるので助かります。
沖縄に伺っていたときは100%現金だけでしたね。
モノレール(ゆいレール)もローカルカードのみ対応でSuica使えなかったし。
旅行客のことを考えればSuica使える方が利用者増えると思いますよ。きっと。

そういえば、今週広島に行ったとき、空港からリムジンバスに乗ったのですが、
Suica使えなかった!ICOCAしか使えないとか、ほんと意味がわかりませんでした。
おかげで、1本乗り損ねた。
先ほどの話ともかさなりますが、JRは、全国でできるだけサービスを
共通化する方向で動いてくれませんかね?
などと、今回は交通系の話題ばかりで終わってしまいました。
少し早いですが、みなさま、メリークリスマス!