ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

今年一年のご挨拶にかえて「2018年EC実践会開催予定」他

2017年12月29日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今年は、メルマガ配信の金曜日が12月29日のため、
通常のメルマガと年末のご挨拶を兼ねさせていただきます。

いやー、毎年いろいろ動いているのですが、2017年は本当に動きまくりました。
特に、6月からの「脱モール依存」セミナーは本当にたくさんの方にお越しいただきました。
結局11月までの半年間、東京、大阪、福岡、和歌山、富山、長野と合計で
13回ぐらい開催したでしょうか?
たくさんのご来場、本当にありがとうございました!

2017年は、拡散フェーズとして「進化させたコンテンツを「伝導」していく年」と
位置づけていましたので、そういう意味でも嬉しい反響でした。
2017年は特にSEOの成果が上がり、しかもすべてが売上アップにつながりました。
Googleさんは、毎月のようにアルゴリズム変更があったり、MFIを進めていたり、
特に6月以降、月初、月末の変動が激しかったです。
11月末のコンテンツ評価に関するアルゴリズム変更は相当に激震でした。
大きく順位が変動した店舗さんもいらっしゃいましたが、全く変動していない、
安定して上位表示できている店舗さんもいらっしゃいました。
この辺の評価基準もなかなか興味深いところです。
現状、いろいろ調査をしているところですが、またわかりましたら
お知らせいたしますね。年末年始でSEOに関するセミナーコンテンツを作っています。
これが完成すると非常にわかりやすく、施策を実施しやすくなると思います。
ご期待くださいませ。

■EC実践会・大阪(1月開催残席僅か)・富山(1月開催)・東京(3月開催)

EC実践会も毎回内容をアップデートしてお届けしております。
特に先ほど申し上げたSEO関連は多くの成果事例をもとに
売上の劇的アップを実現するSEOとしてリニューアルさせていただく予定です。
ということでEC実践会の新しい期の募集のお知らせです。

●大阪開催2018年1月26日(金)スタート(残席僅か)
●富山開催2018年1月19日(金)スタート
●東京開催2018年3月20日(火)スタート
となっております。2018年のロケットスタートに是非ご活用くださいませ!

▼EC実践会各地域お申し込みはこちらから▼
https://www.style-c1.com/app/

年末らしいことを書こうと思ったのですが、気になる記事を見つけたので。
——————————————————-
チケキャン、サイト閉鎖へ ミクシィが方針、役員処分も
——————————————————-
チケキャンはサイト上の表示に関して商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で
警察の捜査を受けていたようです。
報道によると、捜査が続く中での再開は難しいとの判断から来春にも
サイトを閉鎖する見通しとのことです
ただ、別の記事では「今後のサービス継続の是非について検討していることは事実」
であり、開示すべき事項が決定したら速やかに公表するとのことで、
サイト閉鎖が確定しているわけではない、との見解も発表されているようです。
情報が錯綜していますね。

チケキャンは、利用者が300万人以上のチケット売買サービスでしたが、
高額転売や某アイドル事務所の商標権を侵害した疑いで警察の捜査を受け、
今月7日から新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止にすると発表。
事実確認と原因究明のために外部の弁護士を交えた調査委員会を設置すると
対応策を明らかにしています。

警察の捜査はあくまで「商標法違反と不正競争防止法違反の容疑」とのことですが、
その裏には、いわゆる「ダフ屋」行為に関する疑念が含まれているのではないか、
と思っています。
ダフ屋とは「ダフ屋(ダフや)とは、いわゆる転売屋の一種で、
乗車券、入場券や観覧券など(以下「チケット類」)を転売目的で入手し、
チケット類を買えなかった人や買いたい人に売りさばく者、または業者のこと。
ダフ屋がチケット類を不正に売りさばいたり、売りさばこうとする行為を、
ダフ屋行為という。
「だふ」という言葉は、チケット類を意味する「ふだ(札)」を逆にした倒語である。」

転売行為だけを考えたら、「せどり」も転売ですし、金券ショップ、
リサイクルショップ、株取引、不動産取引等も転売行為です。
そもそも、小売業やセレクトショップもメーカーや卸先から商品を仕入れて
販売しているので転売と言えると思います。
ところがチケットの転売だけが「ダフ屋行為」として禁止されているようなのです。
ダフ屋行為を禁止しているのは、法律ではなくて、都道府県が規定する迷惑防止条例だそうです。
不特定の者にチケットを売るだけでなく、転売するつもりで買う行為も
規制対象になるようです。それ以前に、転売するつもりで買おうとする行為が
禁止されているようですね。
ですから自分が参加しようと思ったイベントのチケットを取得して、
当日都合が悪くなって、知り合いにチケットをゆずる(販売する)、
という行為は迷惑防止条例での規制対象でなくて、合法な転売行動となるのです。
転売目的でチケットを仕入れたわけではないからですね。
これって、かなり曖昧な条例ですよね?
転売目的でチケットを取得したかどうかがポイントなのですから。

チケキャンはこの部分をうまくクリアして(していたかどうかはわかりませんが)
チケットに特化したC2Cのオークションとして2013年4月に
サービスをスタートさせているようです。
その後、2015年3月ミクシィが運営会社(フンザ)の株式を
すべて買収して子会社としています。
同列で論じるのもどうかと思いますが、DeNAのウェルク問題も
今回のSEOのアップデートと深く関連していると思います。
新規事業はわりとグレーゾーンをうまく綱渡りしながら進めていくケースも
少なからずありますが、こう立て続けに上場企業の新規事業が問題視されているのは、
やはりステークホルダーからの突き上げが厳しいから、なのかもしれませんね。
両社ともゲーム事業以外の柱となる新規事業を早期に展開しなければ、
という「あせり」があったのかもしれません。プレッシャーは相当なものだと
思いますので。
だからといって、決して許される訳ではありませんが。

とにもかくにも、今年1年本当にお世話になりました。
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!
年末年始しっかり充電し、2018年も進化した「EC実践会」
そしてセミナーを通じてみなさまのビジネスのお手伝いができれば、と
思っております。
 
どうぞよろしくお願いいたします。
最後になりましたが、
来年が、素晴らしい年になりますように。
心よりご祈念申し上げて、年末のご挨拶とさせていただきたいと思います。
良いお年をお迎えくださいませ。
すべてに感謝。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

              株式会社ドリームエナジーコンサルティング
                        代表取締役 水上 浩一