ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

頼まれてもいないのに、勝手にネットの記事に回答してみた。

2018年2月17日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は、日曜日、月曜日はたっぷりとインプット&アウトプットを
行いながらも、子供とランチで外食したり、ゆっくり進路について話をしました。
受験を経てだいぶ成長している感じがして嬉しかったです。
夜は、一緒にお笑い番組を見て爆笑していました。
と思ったら気が抜けたのか、ちょっと体調が悪くなってしまい、
幸いお医者さんでもらったクスリがあったのでそれを飲んでなんとか出張に間に合わせました。
火曜日は午後、都内のクライアントを訪問して個別コンサルティングをみっちり。
PICASSOの法則を活用してテキストを書きまくりました。
さすがに頭が膨張して、ビールと泡でクールダウンしました。
水曜日は、午前中はセミナーコンテンツの仕込みを行い、
お昼を食べてから午後は東京でEC実践会。6回目です。
懇親会は話題に出た塚田農場で盛り上がりました。。
木曜日は6時30分に起床。というか朝早いときは緊張して寝られないのです。
この日も明け方やっとうとうとしてたらタイムアップ。
7時50分にホテルを出発して、羽田空港へ。羽田から飛行機で高松まで移動。
機内でこのメルマガを書いています。

高松に到着後、午後は高松で個別訪問コンサルティング。
夜は、スタッフさんと懇親会です。
金曜日は、またもや6時台に起床。
8時50分に現場に行き、夕方までずっと個別訪問コンサルティング。
お昼も現場でお弁当なので、ずっと話続けました。システムの話も行います。
土曜日お昼の飛行機で帰路につきます。

体調が悪くなったのは、おそらく花粉症の発症だと思われます。
今年もこの季節が到来しました。
事前にアレグラを処方してもらっているので飲み始めています。
最近は割と軽めの症状で済んでいるのですが、毎年花粉症の出だしで
喉が痛くなります。
これを放置しておくと熱がドッカンと出てしまうのです。
大体5年に1回ぐらいの割合でドッカンをやってしまいます。
今年はなんとか抑えている感じです。
てか、忙しくて寝込んでいる場合ではありません。
そういえばいつもお願いしているスーツ屋さんで、
春夏用のスーツを1着新調しました。
幸い体型はずっと維持できているのでネットで完結できるので便利です。
子供の卒業式、入学式に着ていこうと思っています。

もう10数年、出張ばかりの生活なのですが、
今のところほとんどの学校の行事には参加できています。
とは言っても、入学式、卒業式、運動会、
あとは数回の発表会だけなんですけどね。
子供のイベントにはなんとかがんばって参加しようと思っています。

ネット上の記事をたくさん読んでいます。
1日平均20記事ぐらいは読んでいるので1週間で
100記事以上は読んでいると思います。
その中で「メルマガは読まれなくなった」
「商品ページやLPは長いとユーザーは読んでくれない」
「スマホページも長いと読まれない」といった記事が目に入りました。
今回はこれらについて、水上の見解をお伝えしたいと思います。

「メルマガでは読まれなくなった」
これは本当にケースバイケースだと思います。
有料メルマガは引き続き良く読まれているようですし、
水上も読んでいます。
メルマガかLINE@か、という議論もあると思いますが、
こういったコミュニケーションツールでの販促も効果があるお店もしっかりとあります。
EC実践会で成果が上がっている店舗さんは100%メルマガやLINE@で売れています。
ですから、メルマガが売れないとかでは無くて、
メルマガやLINE@での売り方があるのだと思います。
ツールを否定するのではなくて、ツールをどのように活用するか?
を検討された方がよいと思います。

「商品ページやLPは長いとユーザーは読んでくれない」
これも、良く議論になります。
たとえば現在は、AmazonやZOZOTOWNのようなシンプルな
商品ページが好まれているのではないか?という意見もあります。
実際にAmazonやZOZOTOWNでは売れているのでそういう話になるのだと思います。
で、水上さん、どう思います?という質問もよくいただきます。
水上の意見は、AmazonやZOZOTOWNの真似をしたら
AmazonやZOZOTOWNには勝てませんよ、とお返事をします。
AmazonやZOZOTOWNとは違った売り方をしないと勝てないからです。
具体的には「共感」の創出によって転換率を上げていくことが重要だと思います。
結果的に商品の説明がある程度必要になってきます。
ですから商品ページの長さが問題なのではありません。

共感を創出できるコンテンツが必要なのだ、ということです。
そのために必要なコンテンツ量がある程度必要であれば、
長いページにならざるを得ない、ということになると思います。

「スマホページも長いと読まれない」
これも長いか短いか?が問題なのではありません。
スマホページは特にトップページが重要です。
タップ数が増える度に転換率は下がっていく傾向があります。
トップページである程度商品を選定してもらう必要があります。
ですからそのためにはある程度のコンテンツボリュームが必要になってきます。
必然的にページは長めになるわけです。
「スマホでは売れない」というご意見もいただきます。
「検索されなくなった」というご意見もいただきます。
スマホですと基本アプリを使うから、もしくはAmazonで商品検索するから、
というのがその理由だそうです。

こういったご意見がどこからくるのかはわかりませんが、
実際にSEOで上位表示を実現できているショップさんは軒並み売上を上げています。
そしてその割合はスマホで売れているケースが多いのです。
スマホで売れます。
検索エンジン対策で成果を上げると売上は上がります。
もしスマホで売れない、検索エンジン対策を行っても売上が上がらない場合は、
スマホのページに問題がある、検索エンジンで上位表示されている
キーワードの購買確率が低い等が考えられます。
どうか、根拠の無いこういったネット上の情報に惑わされないようにしてください。

「音声検索が多用されていくのでクエリに変化が生じる」
これは可能性が高いと思います。
水上も自宅でAmazon Echoを使っています。
音声検索が増える,と共にデバイスが変化する可能性もありますね。
文字入力をしないでも検索が出来て、フォーム入力も出来て、
商品の購入も出来るようになる。
そのとき、デバイスはどんな形をしているのでしょうか?