ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

コンテンツマーケティングを考える。

2018年4月21日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

今週は、日曜日13時ぐらいに自宅へ戻り、
子供と学校の話やその他いろいろと話をすることができました。
いきなりランク分けされるテストがあったらしいのですが、
よい成果を上げることができたそうです。よかったよかった。
夕食を早めにとり、18時半ぐらいに自宅を出ました。
前日入りのために松本まで移動です。
自宅滞在時間6時間ぐらいでしたが子供と結構話ができたのでよかったです。
移動中は読書。あとは音声教材のテキスト部分の作業を行いました。

翌日月曜日は11時にチェックアウトしてホテル1階の
ファミレスでランチをとりながら作業。
1時間半ぐらい集中できました。
音声教材のテキスト部分が完成。入稿しました。
これで今月も無事音声教材をつくることができました。よかった。
13時から松本でEC実践会。3回目。
再受講された方がいるのですが、3回目があまりにも
以前と違っているためびっくりされていました。
EC実践会は常に進化するのです!

懇親会は多国籍料理屋さん。
スパークリングワインと赤ワインを追加オーダー。
その日は20時発の電車で都内まで戻りました。
火曜日は10時半に渋谷で税理士さんのところへ行き、月次の会計監査。
お昼を近くの「いきなりステーキ」で肉をガッツリと。
13時からは六本木でEC実践会2回目。
懇親会は近くのスペインバルでまたまたスパークリングワイン。
水曜日は早起きして、9時15分から都内で打ち合わせ。
そのあと引き続き打ち合わせのためクライアントを訪問。
午後も打ち合わせ。合間に作業を行いました。
木曜日は午前中は執筆作業。午後の飛行機で熊本まで移動。
金曜日は熊本で個別訪問コンサルティング。
最終の飛行機で大阪まで戻ります。
土曜日は大阪で打ち合わせしてから自宅に戻ります。

おかげさまでこのたび、8冊目となる新刊の執筆を開始いたしました。
夏前までには出版できればよいな、と思っています。
内容は今の仕事直球の「ネットショップの売上・利益の上げ方」になります。
これから1か月間~1か月半ぐらいかけて書いていきます。
ご期待くださいませ!
水上の場合、本の執筆は短期間で書き上げる方が向いているようです。
長時間かけて練り上げると考えすぎてしまい、
変な方向へ行ってしまうことがよくあります。
3冊目の「仕事は聞け!」のときも結局まるまる1冊書き直しになりましたし、
4冊目の「ランチェスター戦略」も最初の原稿は印刷工場に
入稿される直前でストップがかかり、結局すべて書き直しになりました。
それ以外の本は、すべて1か月程度で書き上げて、ほぼオッケーになっています。
今回、企画書はかなり具体的に書きましたのでそのまま書き進めていけると思います。
今現在で一番書きたい内容の企画が通ったので、ものすごく嬉しいです。

企画が通ったことはとっても嬉しいのですが、
同時にものすごいプレッシャーもあります。
原稿を書くときに毎回感じる「ちゃんと書けるか?」という不安感です。
「キュレーション・マーケティング」のときは全体の流れを
イメージできるようにしないといけないことに気が付き、
急きょ1日かけて全体を統括するフレームワークを作りました。
「1000倍差がつく思考法」では重要な2つの項目で
違いがわからなくなったことがあり、
そのときは2日間ホテルに籠ってなんとか定義付けをすることができました。
たしか、沖縄のホテルだったと思います。

書いていて思い出しましたが、処女作「教わる技術」も、
入稿数日前に全体の半分ぐらいの内容を書き換える決断をしました。
毎回著書の執筆では「大事(おおごと)」が起こっているんですよね。
今回は無事に書き上げることができるか?
がんばります。
毎回、執筆時の気持ちを個人のブログにつづっているのですが、
これが結構自分自身の役にたっています。
書いていてくじけそうになったときブログを読み返すと
「ああ、あのときも自分はくじけそうになっていたんだなあ。
それをこうやって克服していたんだなあ」
と自分の励みにしています。
こうやって気持ちをつづっていくのは大切だと思いました。

——————————————————-
店内調理、道内店の7割超に ローソン、セコマに対抗
——————————————————-
コンビニ大手ローソンは本年度、店内調理コーナー
「まちかど厨房(ちゅうぼう)」を設ける道内店舗を一気に60店増やすとの報道。
地元コンビニ「セイコーマート」の「ホットシェフ」を意識した施策。
セイコーマートはアイテムの50%以上がオリジナル商品だそうです。
ローソンがどこまで迫れるか?ですね。
それにしても、店内調理はかなりスタッフさんの負担が増えることが予測されます。
無人レジだと解決なんですけどね。
ところで、内容も気になるのですが、セイコーマートって、
セコマって略されるんですね。しりませんでした。

——————————————————-
やっぱりスゴい!ほぼ日のエディトリアル・ビジネス
——————————————————-
総売り上げの90%が物販で、その中の70%程度が
「ほぼ日手帳」によるものとのこと。
しかも、手帳本体とカバーを分けて販売しているのが面白いと思いました。
「小売業」の売上高経常利益率は平均で1.0%とのこと。
「ほぼ日」の12.0%は、ユニクロのファーストリテイリング(10.4%)や
無印良品の良品計画(11.6%)を超えているようです。
理由は直販率が高いからとのこと。
メディアビジネスは通常、広告モデルか課金モデルが普通ですが、
ほぼ日の場合はかなりレアなケースとして「物販モデル」が成立しているのです。
参考になります。

——————————————————-
山の上のパン屋に人が集まるわけ
——————————————————-
2017年に株式会社わざわざを設立。
2018年4月現在スタッフの人数は13名に増え、
2017年にわざわざを法人化しました。
2009年に1人で始めた時の年商は200万円。
法人化初年度の2017年の年商は1億7千万円を超えたとのこと。
長野県東御市御牧原が所在地。
最寄りの新幹線駅は佐久平みたいですね。
作っているパンは2種類だけ。あとは雑貨等を販売しているようです。
時間があったら一度立ち寄ってみたいですけど、ムズカシイかなあ。
やることを決めてやっている。そしてやらないことも決めて、
やらない、という点も徹底しているみたいです。
売上のウエイトはネット通販が多い様です。
インスタグラム等を活用して情報発信しています。
そういう意味では先ほどの「ほぼ日」と近いビジネスモデルのような気がします。
まあ、EC実践会でもお伝えしていることは
「コンテンツマーケティング」ですからメディアを作って物販を行う、
という観点では同じことだと思います。