ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

休日にインプット&アウトプットして考えたこと

2018年5月4日|その他

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

連休中もほぼ平常運行の一週間です。
ただ、出張や対外的な仕事は入っていませんので自分のペースで進めています。
4月29日は正月以来ご無沙汰していたのですが、母親に会いに行ってきました。
妹と叔母も一緒に行きました。とっても喜んでくれてよかったです。
戻ってから、月末処理の続きを行いました。
30日(日)は反転、13時間仕事に集中、
音声教材の原稿を仕上げることができました。
5月1日は身体のメンテナンス。午前中は人間ドック。
当日わかる範囲では異常なし。むしろ数値は良くなっていたので安心しました。
お昼を食べてから午後は、歯科検診。
こちらも異常なし。歯のクリーニングをしてもらいました。

ホリエモンさんが「予防医学の重要性」について書いていて、
仕事をがっつり出来るのも、美味しい食事を楽しめるのも、
まずは健康から。そのためにも定期的にチェックして予防するのが重要、
という趣旨のことを書いていたこともあり、
歯科検診も定期的に行うことにしました。オススメです。
ちなみに歯については、7年前ぐらいに歯科医の先生と知り合い、
「かみ合わせ」が重要というアドバイスをいただいたので、
言われるがままに「かみ合わせ調整」を都合3回実施して
いただいた経験があります。
そのときにたしか、治療済みの歯がなんだかあやしい、
というお話をいただき、気になったので見てもらったら、
かぶせモノの中がかなり大変なことになっていて
(実際にデジカメで撮影して見せていただきました)
歯茎にも影響が出始めていたとのことで完全に治療していただいた経験があります。
こういう定期チェックは本当に重要だと思います。
かみ合わせの調整をしていただいてから、なんと腰の調子が良くなって、
毎年ギックリ腰をやっていたのが、調整以降、1回も発症していません。
これもびっくりです。

5月2日(水)は12時間集中して仕事。
EC実践会の5回目、SEOの部分を全面改定しました。
モバイルファーストインデックス仕様に刷新。
あとはバージョンアップコースのコンテンツを丸々1回分作成しました。
これで5月に行うコンテンツノルマは達成。
あとは新刊の執筆に集中します。
5月3日は家族でアウトレットモールに行きました。
またまたポールスミスのワイシャツをゲット。
これで2週間分(14枚)確保できました。
出張でのワイシャツはポールスミス率100%を達成できました。
これはテンション上がります。
さらに店内を見ていたら「おっ」というネクタイにも遭遇。
ネクタイはこの「おっ」と来るかどうか?が重要なんです。
1本購入。アウトレットだとお得で嬉しいです。
ポールスミスのアウトレットは、店員さんもおっしゃっていましたが、
結構プロパー(現在百貨店等で販売している商品)と近いものが
入荷するので早い時間に見つけたらラッキーですよ、とおっしゃっていました。

若いとき、仕事の関係でDCブランドのファミリーセール等には
散々通って、そして散々な目にあっているので、
こういうときの見識眼は確かです!(きっぱり)
さらに子供の買い物を待っている間にビジネス書を1冊読了。
この本は、新刊に必要な情報だったので読めてよかったです。
帰宅してからもビジネスの業績指標にまつわる本を1冊読了。
これもすばらしい1冊でした。コンサルティングやEC実践会でも使えそうです。
5月4、5、6日はいよいよ新刊の執筆モードに入る予定。(←いまココ)
ここでどれだけ書けるか?が勝負です。

その原稿を持って、来週の編集者さんとの打ち合わせにのぞむ予定です。
最初の書き出しが重要だと思っています。
過去8冊、いきなり書き出せる場合と、書き出しで苦悩する場合と半分半分です。
今回はスッといけそうな気がするのですが、どうなることか。
インプット中心の連休だと思っていたのですが、
意外とビジネス書もビジネス雑誌もたくさん読めたので
なかなか良い連休になっています。

連休中にはたくさんのネット上の記事も読み込んだのですが、
やっぱり成果を上げているビジネスパーソンは
「めちゃくちゃインプット&アウトプット」していますね。
ここで言うインプットは文字通り勉強を指します。
勉強は本を読んだり、興味のある場所へ実際に行ってみたり、
興味のある方に会いに行ったりということです。
特にこういう方々が重視しているのが「一次情報」で
その重要性をしっかりと認識しているのがすごいなあと思います。
(一次情報とは本人が実際に体験している情報のことを言います。
それに対して読書や人からの伝聞で得た情報は本人の体験を
伴っていないので二次情報と呼びます)
アプトプットは実際のビジネスで形にすることや、
本やネット上の記事・ブログ、記事へのコメントでの情報発信を指します。

インプット&アウトプットは、実際にやってみるとわかるのですが、
ものすごくパワフルです。
アウトプットに関してはプラス得た知識を第三者に教える、
という行動が伴うとかなり定着するようです。

——————————————————-
「苦渋の“延期”決断」ホリエモンロケット2号機が直面する
“技術の壁” 民間ロケットの難しさ
https://newspicks.com/news/2998469?ref=user_100616
——————————————————-
この記事、本当に「夢と現実(資金)」のせめぎ合いの
観点から見ても興味深いです。
記事中ではつぎのようなコメントも記載されていました。

——————————————————-
堀江氏は5月1日に、自身のTwitterアカウントで
「ぶっちゃけ資金調達担当もやってる私としては、延期は結構キツイっす。
なので、毎回ギリギリまでせめぎ合います。
延期の決断が偉いとかそんな単純な話じゃねーっす。」と、
美談で済まないビジネスとしてのシリアスな側面もにじませている。
——————————————————-
ご自身で夢を追いかけていながら、資金調達も行っているので、
正直今回は飛ばしたかったのではないか?と思います。
でも、同時にエンジニア目線でもあるため、
エンジニア視点になったときには資金調達とは別の考えがあるわけで、
一人の中に2つの視点が葛藤している状況が想像できるので
ものすごくジャッジが大変なのだろうなあ、と推測されます。

全くスケールの違う話で恐縮なのですが、
水上も以前会社でグラフィックデザインの仕事を受注していたとき、
デザイナーは水上一人で(当時)営業も水上一人だったのです。
当時、ものすごく忙しくて年末年始も家族で集まりながら、
ノートパソコンで作業していたことを覚えています。
そのとき、デザイナー目線でクライアントと
打ち合わせをしているときに、突然、
「で、このパッケージだけど単価いくらぐらい?」と聞かれると、
急に営業モードに切り替われない自分がいて、
「あ、それは戻ってから連絡させてください」みたいに
しどろもどろになっていたことを思い出しました。

良い成果物を作りたい、というデザイナーの視点と、
クライアントに対しては、できるだけコストをかけずに
最大の成果を提供したい、という営業の面と、
この仕事でどれぐらいの利益を見込めるか?
という経営者の視点が交錯すると、
どうしてよいかわからなくなることがよくありました。

この経験があるので、おそらく現在のコンサルティングにおいて、
役に立っている部分があるのかもしれない、
とこの記事を読んでいて思いました。
ロケット、なんとかがんばって成功して欲しいですね!