ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

クルマの「95%」は駐車場で眠っている事実。富山の昆布締めを堪能。

2018年6月16日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

先週の土日に6月分の音声教材の原稿を書いて録音しなければ
間に合わないことに土曜日の午前中、急激に気づき、
土曜日に15時間、日曜日にも15時間、
インプット&アウトプットを実施いたしました。
ところが、それだけでは情報量が全然足りず、
結果的に月曜日までかかって猛烈なインプットを行いました。
幸い月曜日が出張無しだったので、午前中にインプットを行い、
午後は13時間かけて執筆。なんとか夜中の2時過ぎに
原稿を書き上げることができました。
火曜日の午前中に推敲、修正を行い、午後に録音。
ものすごい録音時間になってしまいましたが、
おそらくCDの録音限界時間70分ちょっとで収まっていると思います。
火曜日は15時半に自宅を出発。その日のうちに、富山に行きます。
移動中に新刊の原稿を書こうかと思ったのですが、
音声教材の制作3日間で43時間かけてしまったので、
その日は録音だけでバテてしまいました。
夜は富山でいつもの美味しいお寿司屋さん「四六八ちゃ(しろはっちゃ)」
で疲れを癒やしました。
最近ハマっている白ワインの炭酸割り(スプリッツアー)
と一緒にいただきました。
とにかく富山は「昆布締め」がめちゃくちゃ美味しい。
白身魚の昆布締めは富山ならではの美味しさ。

水曜日は午前中、個別相談が1件。午後は富山でEC実践会6回目。
夜は富山で懇親会。なんと2日連続でお寿司屋さん
「四六八ちゃ(しろはっちゃ)」に伺いました。
この日の昆布締めはなんと「わらびの昆布締め」
お醤油をちょっとつけて食べると絶品!
自家製さつま揚げも美味。スプリッツアーをみんなで飲みました。
そういえば富山でお昼に良く行くラーメン屋さんに
今回はいけなかったのが心残りです。ラーメン屋さんの
「富山おでん」が絶品なんです。もちろん結び白滝は4つ追加です。
終了後、最終、21時20分富山発の新幹線で東京まで移動。
なんと新幹線内では爆睡。
この時間に寝てしまうとホテルについてから寝られない可能性が。
まいったなあ。と思いながら東京→品川経由で、
京急に乗り換えて羽田空港まで。
最終の1本前でたどり着くことができました。

先月も泊まった羽田空港内のホテルにチェックイン。
第二側なので、ANAの方なのですが、空港内に宿泊している、
という安心感があって利用しています。
なんとか少し寝酒を飲んで、眠ることができました。よかった。
木曜日は6時50分に起床。コーヒーを飲んで目をさまして支度をすませました。
9時20分羽田発の飛行機で、高松まで移動。
高松空港内のレストランで、お昼を食べてからタクシーで現場まで移動。
13時から仕事です。夜は懇親会。
金曜日は、6時半ぐらいに起床。二日連続で6時台に起床です。
8時50分には現場に到着。終日仕事です。
夜は在来線と新幹線で広島まで移動。
実は、少し前に自宅で夜中、原稿を仕上げたあと、
疲れ切った頭で、ぼんやりテレビを見ていたら、お好み村の、
なんとか、というお店が美味しいみたいなことを話していて、
特に、とん平焼きとウニとクレソンが旨いとのことでした。
なんだか無性に食べたくなり、岡山から近いので急遽広島まで
移動することにしました。
このメルマガを書いている段階ではまだ食べていないので、
次回のメルマガで食レポしたいと思います。
戻り日は土曜日。あえて新幹線で戻って、車内でガッツリ原稿書こうと思います。
新刊は2章、3章が核なのですが、2章は書き上げたのですが、3章が全く手つかず。
なんとか得意の新幹線内で少しでも進めていこうと思います。

——————————————————-
■今週のニュースピックアップ
——————————————————-
【直撃】Uberが暴く、クルマの「95%」は駐車場で眠っている事実
——————————————————-
今日、世界では合計で10億台以上のクルマが走っている訳です。
そして、そうしたクルマが実際にエンジンを使って動いている時間と
いうのは5%ほどであり、残りの95%というのは「駐車」している状態です。
つまり、あらゆる都市ではたった5%しか稼働しないクルマのために、
途方もない駐車スペースを用意しているんです。
本当はそこが学校であったり、住宅であったり、
もっと創造的なものに使えるかもしれないのに、です。

(水上)5%!これは衝撃的な数字ですね。
確かに、水上の自宅にある車は12年以上乗っているのですが、
走行距離は27800キロです。ディーラーさんからは
「13年以上の車は車検料が値上がりするので買い換えをオススメいたします」
とのことで、親切にも見積書まで添付されていました。300万円とのこと。
車検通した方が断然安いでしょ。週末に近所のスーパーぐらいしか行かないし。
以前、仕事で車を使っていたのですが
「人気ネットショップ店長セキララ奮闘記」の財務的に
厳しい状態を脱したとき、経費の見直しを行い、車を使わない決断をしました。

すると、タクシーを都内で利用しているにもかかわらず、
駐車場代、ガソリン代、高速料金等で毎月10万円も節約できたことに驚きました。
タクシー移動の方が断然安かったのです。
個人的にはタクシーでもUberでも自動運転車でもなんでもよいので、
移動したいときにすぐに車に乗車できて、自分で運転することなく、
目的地まで移動できるのがベストですよね。
記事でも書かれていますが、おそらくそういった移動が
普及することで飲食店等が盛り上がる気がします。
悲惨な事故も激減することでしょう。

——————————————————-
中国ファミリーマートが24時間宅配。夜間は来店売上を上回る
——————————————————-
今年3月、ウーラマはファミリーマートと提携をして、
北京、上海、杭州、成都、深?、広州、東莞、蘇州、無錫の9都市で、
コンビニの商品の24時間配送を始めた。20元(約340円)以上の購入で
配送に対応し、配達料は5元(約85円)。最短30分で自宅に配達してくれる。
ファミリーマートは、2015年から上海でウーラマによる
配達の試験運用を重ねていた。
それが今年3月に9都市に正式展開し、5月は前月の2.5倍の注文を受けている。

(水上)いま、中国の状況についてめちゃくちゃ調べているのですが、
こういった深夜帯の配達は非常に活況のようです。
料理を配達してくれる外売サービス「ウーラマ」は、
ウーバーイーツのようなサービスのようです。
都内ではちょくちょくバイクを見かけます。
確か手数料が35%とかで結構高いんですよね。
アリババ傘下のスーパーも深夜配達を促進しているようで、
こちらも盛り上がっているようです。
ただ、これをそのまま日本に持ってきても、という気もします。
そもそも配達する人員が手当できるか?という根本的な問題もあります。
それこそUberのように兼務で配達すれば収入アップするかもしれませんが。
いずれにしても、今後は日本でも「ニューリテール」戦略が
重要なキーワードになってきますので、乗り遅れないようにしたいものです。
大手を中心にどんどん動いています。正直驚異です。