ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

新刊カバーデザイン案が良い感じ!「教科書に書いてあることを信じない」について

2018年10月13日|ビジネス思考法

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

10月8日月曜日は祝日でしたが、
6日7日の土日が全く使い物にならなかったので、
必死になってインプット&アウトプットを断行。
しかし体調がイマイチ。なんとか根性で仕事を行う。
新しい勉強の予習と、貯まっていたメール返信を行い、
夜に深夜1時までかかって音声教材の録音を終えることができました。
10月9日火曜日は、6時45分に起床。スピードトレーニング。きつい。

8時に自宅を出発して羽田空港へ。少し早めに着いたので
ラウンジで本日2杯目のコーヒーを飲む。
カフェオレにエスプレッソをプラス。これが旨いんです。
ラウンジのちょっとした楽しみです。
コーヒーを飲みながらSEOのチェック。これも楽しみの一つ。
10時過ぎの飛行機で九州方面へ向かいます。13時から仕事。

夜は現地で宿泊。美味しいお寿司を食べて癒やされました。
もはや常連となっているようで前回「ひもきゅう」という貝の
ヒモとキュウリの巻き寿司をいただいて美味しかったので
「他のはないですか?」と聞いたら「しそ巻き」なるシソが
めっちゃ入った美味しいお寿司を巻いてくれました。
面白いですね。
10月10日水曜日は九州方面から飛行機で大阪伊丹空港まで移動。
夜は大阪まで移動します。大阪ではセミナーコンテンツの打ち合わせ。
あと、10月にも新刊の取材があるのでその内容を詰めます。
編集者さんから新刊のカバーデザイン案が届く。
かなり良いデザインだと思います。
キャッチコピーもイメージ通り。
確定したらこのメルマガでもお知らせいたしますね!

今週はここからは、大阪のホテルを基点に移動予定。
11日木曜日は大阪から新幹線で名古屋まで行き、
で個別相談を2件。
先月高山から名古屋に移動しようとして、
台風の影響で(倒木)移動できなかった振替です。
夜は久しぶりに名古屋の知り合いの焼肉屋さんでお肉とワインを堪能。
ここは安定のクオリティ。最終の新幹線で大阪まで戻る。
12日金曜日は大阪でEC実践会バージョンアップコース。
今期はずべて新コンテンツにリニューアルしての開催。
今回も自信のコンテンツでのぞみます。
懇親会もグランフロントで。何件かのお店を
ローテーションで使わせていただいています。
今回はどこにしようかな。
土曜日は勉強会に参加。終了後は懇親会。
今回の出張も戻り日は、戻りは14日日曜日となります。

先週、イレギュラーな出張があり、
同じホテルに3日間チェックイン、チェックアウトを繰り返した、
という奇妙な経験をしました。
最初の1泊は事前予約していて、翌朝チェックアウトしたのですが、
その日に再び滞在することになり、またチェックイン。
翌朝チェックアウトして、現場へ行き仕事。
夕方終わって、駅に向かったら、
なんと乗ろうとしていた便が欠航とのこと。
動かなかったら仕方無いので、同じホテルに駆け込み、
予約したら幸い空いていたので、またチェックイン。
翌朝はゆっくりチェックアウトしてなんとか帰宅することができた、
という訳です。それに比べて、今週は大阪で4泊なのでかなり楽です。

——————————————————-
研究者になるにあたって大事なのは「知りたい」と思うこと、
「不思議だな」と思う心を大切にすること、
教科書に書いてあることを信じないこと、常に疑いを持って
「本当はどうなっているのだろう」と。
(ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京大名誉教授のスピーチより)
——————————————————-
この言葉を聞いて個人的には2つのことを考えました。

一つ目は、「教科書の重要性」です。
逆説的なことを申し上げるようですが、
教科書があるからこそそこに思考の基準が生じるのだと思います。
それについてどう考えるか?という視点が重要なのだと思います。
星野リゾートの星野佳路さんは「教科書通りの経営」を提唱されています。
これはおそらくフレームワークの重要性について述べているのではないか、
と思います。
「アイディアとは既存の要素と既存の要素を組み合わせて
新しい価値を生み出すこと」と定義したとすると、
まずは既存の要素を知らないと結びつけることもできません。
そういったボキャブラリーを増やす意味で教科書は非常に重要だと認識しました。
もう一つは、「一次情報の重要性」です。

教科書や本、メディアに掲載されている情報を
そのまま鵜呑みにするのではなくて、自分で経験してみて
はじめて内容を理解できるのだということです。
水上もたとえばホスピタリティについて先日4万字の原稿を
まとめたのですが、そのときに重要だと思ったので本に書いてある、
ホスピタリティで有名なホテルを利用してみたり、
レストランを利用してみたりしました。
そしてものすごく勉強になりました。
これは確かに本を読んだだけではその価値を
理解することはできないな、と心の底から思いました。

——————————————————-
スクープ ファミマ、ユニー全株をドンキに売却検討
https://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/101000872/
——————————————————-
10月中旬にも正式決定する。ユニー・ファミマHDは2017年夏に
ドンキHDと資本業務提携した。ドンキがユニー株の40%を引き受けている。
店舗の品数を多くするドンキの手法をユニーに導入した
新型業態店舗の効果は大きいと判断しており、
近く残り60%も譲渡する方向だ。
生鮮品の流通などでドンキもユニー・ファミマ側のノウハウを
必要としており提携関係は維持する。
ユニーがドンキの完全子会社となった後、ユニー・ファミマHDが
ドンキに20%程度出資する案などを検討しているもようだ。

(水上)いやー、これほど見事なM&Aはすがすがしさすら感じますね。
ユニーファミマの親会社である伊藤忠は、もとからユニーには
あまり関心が無かったように感じていましたので、
ドンキホーテへの譲渡は既定路線だったのかもしれませんね。

——————————————————-
福岡発「アマゾンGo」に対抗 次世代IT店を全国展開
トライアルが国内初 まず60店で無人レジ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36179460V01C18A0962M00/
——————————————————-
ディスカウント店大手のトライアルカンパニー(福岡市)は
レジを無人化し、カメラで在庫を自動管理する「スマートストア」を
2019年度に60店開業する。
米アマゾン・ドット・コムが無人コンビニ「アマゾンGo」を
多店舗展開する計画だが、トライアルは国内の小売り大手に先行し、
22年度には全国展開する。
店舗運営の自動化を進め、レジや商品の棚出しに関わる
人員を半減できるとみている。

(水上)タブレット端末付きのカートで商品の値段を読み取り、
専用プリペイドカードで決済する。レジに並ぶ必要がなく、
カートに入れた商品を袋に入れてそのまま持ち出せるとのこと。
こういう方法もあったんですね。
トライアル、今度見学に行きたいと思います。