ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

新刊の予約がスタート!(していた)

2018年10月20日|Webマーケティング

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

この原稿執筆時点では、新刊の初校と事例の確認作業、
あとはメディアに掲載させていただく記事のチェックと修正を行っている最中です。
と思ったら、なんと新刊がAmazonで予約開始になっていました!

▼新刊!「SEOに強い!ネットショップの教科書」ご予約はコチラから▼
https://www.amazon.co.jp/dp/4839967148/

しかし、著者が予約スタートしたことを知らないって、一体・・・。
しかもAmazonの商品ページで新刊が11月28日に販売開始になることを知りました。
Amazonキャンペーン等は開催しませんが、新刊を購入いただくと、
ワークシート等を無料でダウンロードできるQRコードが
掲載されていますので是非ご活用ください。

10月14日日曜日は大阪からの戻り日でした。
新幹線内でも勉強。帰ってからも勉強。夜中に読書したら
3時半まで読んでしまい、寝られなくなりました。
10月15日(月)は朝、車検で車の引き取りがありました。
金曜日に戻してくれるそうです。
本当にこういうサービスはありがたいです。
そのあとスピードトレーニング。
シャワーを浴びてから近くのファミレスでランチ。
その後、新幹線で品川→京都まで移動。移動中に読書、
新刊の校正を一気に進める。

京都で打ち合わせのあと、夕食をとってから
最終のサンダーバードで京都→金沢へ移動。
10月16日(火)は午前中はメール返信等、作業。
ランチをとってから現場へ移動して仕事。夜は懇親会。
お連れいただいたのはお寿司屋さん。
いきなりのお刺身がメチャクチャ美味しい!
カワハギの肝あえも美味しい!
なんだか今まで食べたことの無いぐらいお魚が美味しい!
そしてノドグロの塩焼きでノックアウト!
ぶっちゃけ結構金沢にはお伺いしていて、
地元の方にもいろいろなところにご案内いただいていたので、
「まあ金沢はこんなものかな」と知った気になっていました。
全然知っていませんでした。ごめんなさい。
ワインも別のお店から購入して持ち込んでいただく、
という離れ業で堪能いたしました。

お寿司もいただき、お腹いっぱいになってお店を後にして、
最終の新幹線で金沢→東京経由、品川まで移動しました。
先週は大阪に4泊でしたが、今週は品川に連泊です。
10月17日(水)は品川でEC実践会バージョンアップコース。
今回も新コンテンツ。夜は懇親会。
いつもの美味しい焼き鳥屋さんで白ワイン&スプリッツアー。
解散してから、ホテルに戻って、部屋でさらにビールとスプリッツアー。
10月18日(木)は午前中は打ち合わせ。
ランチをとってから、午後は個別相談を1件のあと、
新刊の取材を受けました。2回目です。
こちらの仕上がりも楽しみです。
その後、メディア原稿の修正、というよりは
ほぼ書き直し原稿を仕上げて、このメルマガを書いているのですが、
実は書いている場所は青山の「カシータ」なんです。
19時過ぎの予約だったのですが、17時ぐらいに到着して
2時間どこかで原稿修正と執筆をしたいと思っていたのですが、
ダメ元で1階にいらっしゃったカシータのスタッフさんに
「すみませんが、静かなところで2時間ぐらい
仕事をさせていただきたいのですが、適当なところはありますか?」
と聞いたところ、お店に案内してくださったのです。

結局、カシータのバーカウンターでビールをチビチビ飲みながら
この原稿を書いている、という訳です。これはありがたい!
原稿も書き上がり、修正も入稿して、19時過ぎに、
もはやすっかり常連になった青山のカシータでディナータイム。
今回もまた結局「からすみのパスタ」を頼んでしまうんだろうなあ・・・。
美味しいからなあ、あれ。
今日は雨も降っていないのでテラス席でワインを楽しもうと思います。
10月19日(金)は10時半から青山の税理士さんのオフィスで月次の会計監査。
毎月の会計監査は重要です。これは欠かさずに実施していこうと思います。
お昼は、いきなりステーキで肉!午後は品川でEC実践会です。
夜は懇親会。戻り日は10月20日(土)になります。

どこかの記事で「本をたくさん読んでいるのにビジネスで
成果を上げることができません。
(もしくは成功していません)どうしてでしょうか?」と
いった内容の質問があったのですが、これは実は非常に重要な内容だと
思っているので考察してみたいと思います。
14日の夜中に水上が読んでいた本は養老孟司さんの本で夏目漱石の
「坊ちゃん」を題材にした解釈と質疑応答をまとめた内容でした。
その中で、「いつの頃からか、読書をすれば賢くなる」と
勘違いする親が増えて来た。」
「私は本が好きだったが『本ばかり読むな』『本を読むと自分で考えなくなる』
と良く言われたものだ」
「つまり、家の中で読書や勉強=入力ばかりしていても
意味がないということだ」と書かれていました。

それまでも水上は本は読んでいたのですが、
2012年にあるきっかけがあり、そこから毎年100~120冊ぐらい
本を読み続けているのですが、その時期と自分自身の成長と
会社の業績を考えて見たときに、実はこれらには相関関係はあると考えています。
しかし、だからといって「本を読むとビジネスで成果が出る」とは言えません。
そこには隠れた前提が存在しているからです。
それは「それとほぼ同じ時期に毎月3万文字~4万文字の
音声教材の原稿を書き続けてきた(現在進行形ですが)」
というアウトプットが関わってきます。

「情報は浴びるようにインプットせよ」とは
いろいろな著名人がおっしゃっています。
さらに最近ではSHOWROOMの前田さんは毎月40冊(!)読んでいるそうです。
水上はそこまで本を読むことはできませんが、
毎月10冊~20冊は読んでいます。それは音声教材の資料として
読んでいるのがほとんどです。ですからアウトプット前提の
インプットになっているところがポイントです。
これは実感として非常に効果的です。
ですから先ほどの質問に勝手に答えるとすれば、
「本を読むだけでは成果を上げることは難しいです。
その本を読んだことによるアウトプットを実行することで
初めて内容を血肉にすることができて、ビジネスに活用することができるのだと思います。
いや、もっと言うと、ビジネスに活用するために、
ビジネスで問題があり、それを解決するために読書をして、
問題解決していくことが読書の活用方法だと思います。」となると思います。

SHOWROOMの前田さんは毎月40冊読んでいる訳ですから、
毎月40通り以上の視点でビジネスの問題点を解決して
いっていると言えると思います。
それだったら成果上がるのは当たり前ですよね?
その当たり前を実践しているのが著名人の方々なのだと思います。
実はインプットは時間をかければ誰にでもできます。
でもインプットした内容って、覚えていますか?
水上は自慢ではありませんが、読んだ本の内容は翌日には半分以上
忘れてしまっています。
でも、アウトプットするときには思い出します。
きっと潜在意識には情報が格納されていて、
アウトプットするとそれが顕在化するのではないか?
と自分では勝手に思っています。
つまり、インプットが重要というよりは、
問題なのはアウトプットできるかどうか?だと思うのです。
大抵はこのアウトプットが実践できていません。
だから読書が活用されていない状態なのだと思います。
もったいないですよね?
水上の場合はここ1~2ヶ月は、毎月読む本の60%ぐらいは
音声教材の資料として読んでいます。
30%は最近はじめた勉強の予習のための読書、
10%は先ほどの養老孟司さんの本のように娯楽として読んでいます。
先月は「ラストレシピ」を読みました。
毎月こういった娯楽のための本を積極的に読むようにしています。
冒頭で紹介させていただいた水上の新刊「SEOに強い!
ネットショップの教科書」はアウトプットしやすいように
ワークシートのダウンロードが可能なQRコードをお付けしています。
是非楽しんでアウトプットしていただき、成果を上げてください。