ランチェスター戦略 ECセミナー

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

ビジネスセンスは磨けるのか?「書けないときには書いてみる」作戦

2020年2月10日|ビジネス思考法

EC実践会完全ガイドブック

水上 浩一です。

EC実践会中に「ビジネスセンスは磨けるのか?」という議論になりました。
「「仕事ができる」とはどういうことか?」という楠木 建さんの本でも議論されていました。
楠木さんは、センスは磨けない、とおっしゃっているのですが、
個人的には、ベースの素養があれば、ビジネスセンスは磨けるのではないか?と考えています。
ただ、この「ベースの素養」をセンスだと定義するのであれば、
楠木さんと同じ意見になるかもしれません。
この辺は、今後音声教材やYouTube等でもお伝えしていこうと思っています。

■セミナー・EC実践会お知らせコーナー
——————————————————-
【東京】EC実践会14期 2020年3月25日(水)1回目スタート!

EC実践会盛り上がっています!
2019年12月、2020年1月と、月商ギネス更新店舗さんが多数!
しかも、モールでは安売りで価格破壊が進行している商品が、
自社ECサイトではしっかり利益をとれる商品として復活しているケースも!

自社ECサイトを今年秋にオープンされて、10月70万円→11月160万円、
そして12月は589万円達成の自社EC店舗さんまで誕生しています!
あなたもそんな「成長体験」を経験してみませんか?
EC実践会東京3月に14期がスタートいたします!ご参加お待ちしております!

【東京】EC実践会14期 2020年3月25日(水)1回目スタート!
1回目開催:
日時:3月25日(水)13:00~17:00
会場:品川駅付近会議室、またはfutureshop東京支社会議室

▼お申し込みはコチラから▼
https://www.style-c1.com/app/

■動画コーナー(毎週更新予定)
——————————————————-
EC実践会YouTubeチャンネルのコンテンツが充実しています。
独自のコンテンツだけではなくて、
セミナーコンテンツも多数あります。
是非、EC実践会YouTubeチャンネルにご登録くださいませ。

▼EC実践会YouTubeチャンネル▼
https://www.youtube.com/channel/UCEydMminJ_pcz7eIdkczR6Q

■近況報告
——————————————————-
2月2日(日)は、朝、トレーニングのあと、熱海のお寺へ。移動中はメルマガ執筆。
用事が済んでから熱海駅から新幹線に乗って名古屋経由で新大阪まで移動。
熱海駅はほとんど「こだま」しか止まらないので、
名古屋までは結構時間がかかったのですが、その間にバージョンアップコースの
セミナーコンテンツを制作。新大阪まで3時間半ぐらいかかったのですが、
おかげでコンテンツ完成。よかった。
大阪のホテルにチェックインしてから、専用ラウンジでさらに仕事。
分析仕事がまだ残っていたのでがんばる。なんとか追いついた。夜は、お寿司。

2月3日(月)は、先週の金曜日からのコンテンツ制作で疲れ切っていたので、運動はお休み。
10時に在来線で移動。お昼は定食屋さん。13時から現場に行き、仕事。
18時過ぎまで。良い打ち合わせができました。大阪駅に戻ってから、焼肉。
赤ワインが旨い。

2月4日(火)は、朝タバタ式スピードトレーニング。
9時50分にチェックアウト。新大阪から新幹線で品川まで移動。
移動中は、メール返信30通。あとはセミナーコンテンツの手直し。12時45分に品川着。
ホテルに荷物を預けて、お昼を食べてから、タクシーで六本木まで移動。
15時からセミナー。
18時半からいつもの焼き鳥屋さんで懇親会。そのあとタクシーで品川まで戻って、
ホテルにチェックイン。

2月5日(水)は、朝、トレーニングのあと、10時にチェックアウト。
10時17分の新幹線で品川→名古屋まで移動。
移動中はメール返信を30通ほど。あとはEC実践会5回目のブラッシュアップ。
お昼は、いつもの駅ビルの親子丼屋さん。
13時からEC実践会5回目。SEOをがっつりと。
途中で、ビジネスセンスは磨けるのか?という議論になった。これは本当に面白い。
今後深掘りしていこうと思います。
名古屋駅の13階にあるすき焼き屋さんでご飯を食べてから品川まで戻る。

2月6日(木)は、朝、タバタ式スピードトレーニング。
11時にホテルをチェックアウトしてから、レストランで昼食。
昼食中に分析仕事。そのあと、品川から新横浜まで新幹線で移動。15分間。
この15分間でも分析。
そこから在来線で移動。13時半に現場入り。そこから17時半まで仕事。
終了後、現場付近の居酒屋さんでビールを飲んだのですが、店内がものすごく寒くて、
すぐに出てきてしまいました。ハムカツとか美味しかったんですけどね。
新横浜まで在来線で移動。そこから新幹線で新大阪まで。移動中はビールとおつまみ。
大阪で宿泊。

2月7日(金)は、朝、トレーニングのあと、11時半にホテルの部屋を出て、
いつもの沖縄料理屋さんでランチ。そのあとスタバでコーヒーをゲット。
13時から大阪でEC実践会バージョンアップコース。
この間の土日で苦しんだコンテンツをリリースしました。
ワークもとっても興味深い内容となり、よかったのではないか?と思います。
17時半ぐらいまでディスカッションを行い、18時ぐらいから懇親会。
韓国料理屋さんで。ここはいつ来ても美味しい。
2月8日(土)は朝、タバタ式スピードトレーニング。
ホテルをチェックアウトしてから、専用ラウンジで2時間ぐらい仕事。
メール返信が40通ぐらい溜まっていたのでそれを処理。あとはこのメルマガの原稿を執筆。
13時半ぐらいに移動して、いつもの中華料理店でランチ。
帰りは新大阪→品川まで新幹線。新幹線内ではリスティング広告の運用レポートを作成。
19時半ぐらいに帰宅。食事をしてから、音声教材の録音。
あとは、YouTube用の原稿を執筆予定。

——————————————————-
メルペイのOrigami買収額は「0円」だった、注目ディールの内幕
https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/news/18/07027/
——————————————————-
メルカリ傘下でスマホ決済を手掛けるメルペイによる同業のOrigami買収を巡り、
買収額が「0円」だったことが日経クロステックの取材で2020年2月5日までに分かった。
Origamiは資金調達の道を探っていたが有力な出資元が見つからず、
メルペイの傘下に入る。大手の相次ぐ参入と大型還元施策により、
スマホ決済市場の競争は激しくなっており、淘汰の時代に突入した。
具体的には、Origami側が既存株主から株を買い戻したうえで、
メルペイに実質的に0円で譲渡するという枠組みだったようだ。
メルカリは2020年1月23日、子会社のメルペイを通じてOrigamiを買収すると発表したが、
買収額を明らかにしていなかった。Origamiはこれまで累計88億円を調達してきた。
中でも後期に出資した企業は、出資時より割安な価格でOrigamiに株を売却したとみられる。

(水上)88億円調達していたんですね!。メルペイはおそらくOrigamiの
ユーザーが目当てなんだと思います。スマホ決済は資金力が勝負なので厳しかったと思います。

——————————————————-
DeNA 501億円の赤字転落 会長と社長が役員報酬返上
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200205/k10012273681000.html
——————————————————-
IT企業のディー・エヌ・エーは、去年12月までの9か月間の決算で、
ゲーム事業などに関連する多額の損失を計上し、最終的な損益が501億円の赤字に転落しました。
業績の悪化を受けて南場智子会長らが役員報酬の一部を自主返上します。
発表によりますと、ディー・エヌ・エーの去年12月までの9か月間の決算は、
売り上げが前の年の同じ時期と比べて3.7%少ない911億円余りでした。
一方、最終的な損益は、前の年の80億円の黒字から501億円余りの赤字に転落しました。
これは、国内のスマートフォン向けのゲームの売り上げが振るわなかったほか、
過去に買収したアメリカのゲーム関連企業の資産価値を見直して、
多額の損失を計上したことが主な要因です。

(水上)コンプガチャ問題や、WELQ問題からの、今回の赤字転落。
ゲーム依存の一本足打法が解消しない焦りもあるのだと思います。
米ngmocoの買収は2010年なのですが、2016年には解散しているのに、
なぜ今のタイミングでの減損処理なのか?も気になるところです。
ところで、決算を拝見するとベイスターズは黒字なんですね。

■一言雑感コーナー■
——————————————————-
前回の一言雑感コーナーで
「原稿が書けないときのコツは、書くことだ」というのと似ていますね。
とサラリと書いていたら「それってどういう意味なんですか?」と
受講者さんからご質問をいただきました。
これは茂木健一郎さんの著書かセミナー音声を聞いていたときに知ったのですが、
茂木さんの同僚の研究員さんがどうしても論文を書けずにいて、
研究室の教授に「どうしても論文原稿が書けずに困っています。
どうしたら書くことができるでしょうか?」と質問したところ
「ああそうか、君は論文原稿が書けずに困っているんだね」「そうです」
「ではその解決策を教えよう。原稿が書けないときは、原稿を書くことが重要だ」
これは禅問答をしているわけでは無く、書かずに悩んでいても、
なにも生まれない。まずは、なんでも良いから原稿を書いてみることだ。
そうすれば、そこから自然とアイディアが湧いてくるものだ。ということなんです。
実際に個人的にも書籍の原稿や、毎月書いている音声教材の原稿で、
この「書けないときには書いてみる」作戦で難度もピンチから脱することができました。
本当に書き出すと頭がまとまってくるし、書き進めていくと、
その書いた内容に触発されてさらに新しいアイディアが生まれてきます。
アウトプットが重要ということです。