ECコンサル

水上浩一EC実践会

TOPページ

サイトマップ

  • EC実践会とは
  • コンサルティングメニュー
  • Blog
  • Blog
  • メールマガジン
  • 会社概要

メールマガジン登録/解除のご案内

毎週金曜日14時頃配信いたします。ビジネスにおける思考法や事例研究、その他、EC実践会やコンサルティングの現場で実際に起こったことや感じたこと等、幅広くコラム的にお伝えいたします。セミナー開催情報や新刊のご案内等のお知らせもさせていただきます。

→DECメールマガジンのサンプルはこちらよりご覧いただけます

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

水上浩一Blog

予定通り進めることがすべて良いことなのか?

2014年2月3日|未分類
水上 浩一です。 EC実践会は基本的にカリキュラムがしっかりしており、教科書もあります。体系的に顧客分析、ブランディング、マーケティングを学ぶことができると思っています。ただ、最近、意図的にそのカリキュラムをぶちこわしています。 もちろん「ぶちこわし」の内容としては ・さらによい内容にするために改善している ということもあります。でもそれだけでは無くて、 ・EC実践会最中に受講者様からの質問に答え...

マネをするのもスマートに

2014年1月31日|未分類
水上浩一です。 ネットショップをやっていると、いろいろなことが起こります。結構多いのがいわゆる「パクリ」。水上の場合も、全くそのままやられたことがあります。 当店も以前あるスイーツを企画し、販売して、ブレイクさせたとき、ある勉強会に参加していたのですが、参加店舗さんで、まったく同じ形状の商品を作られてしまったことがあります。それも有名店舗さんに価格も意図的に安くされて。 (あとで、会合でお会いした...

視点を変えるだけで世の中が変わって見える

2014年1月29日|未分類
水上 浩一です。 私は糖質制限食ダイエットをしています。そしてこのダイエットはまさに「視点を変える」だけで世の中が変わって見える典型ではないか、と思っています。 もともと 肉=脂肪=太る という図式はずっと信じられてきていました。 しかし年齢とともに痩せにくくなってきました。肉を食べないようにしても運動をしても体重に変化がありません。これまでの方法が一切通用しなくなっていたのです。 そのとき「糖質...

売上至上主義は「百害あって一利なし」

2014年1月28日|未分類
水上 浩一です。 あなたはご自身の会社、ショップの当月の売上を評価するとき、なにを基準にしますか?  1)売上目標(見込み)に対する達成度 2)昨年対比 3)先月対比 4)直近数年間の平均値 が主な指標でしょうか? (1)は目標であればかなりのストレッチが含まれていると思います。また見込みを策定した場合は、予測の確度がポイントになります。(2)~(4)は過去の実績をベースにした基準値となります。今...

先入観や仮説に縛られていないか?

2014年1月24日|未分類
水上 浩一です。   炭水化物信仰。 おきなわ紅豚の社長、桃原さんの影響でスタートしたダイエットですが、スタートする前は正直「肉が太るのにそれで痩せるわけ無いよな・・・」と思っていました。  ・肉は太る ・炭水化物は摂取しないと力が出ない ・日本人は農耕民族で穀物や野菜を食べるように腸が長くできていて、  肉の消化に向いていない 等の先入観でいっぱいでした。 なにより炭水化物が大好きだったのです。...

がんばって成果を出せる人と成果を出せない人の違い

2014年1月23日|未分類
水上 浩一です。 今までオールアバウトのガイドやラジオ番組の司会を通じてたくさんの素晴らしいIT系の経営者様や著名な歌手の方、Jリーガー、プロレス選手等とお話をさせて頂きました。 その中である共通性に気がついたのです。それは、  1)信念 2)独自の考え の2つです。 信念についてはおそらくこの部分は「才能」に深く関わっていると思われいます。 小学生のころからプロサッカー選手になると決めていた。中...

実践して成果を出す技術

2014年1月22日|未分類
水上 浩一です。 EC実践会の成果確率は8割近い。今回はなぜ成果確率が高いのか?について考えてみました。成果をあげる実践とは何か? たとえば、本を毎日1冊読む、という目標を立てたとします。成功者はみんな本をたくさん読んでいる。 元マイクロソフト社長の成毛眞さんは毎月100冊以上買っている。サンマルクの社長も毎月50冊読んでいる。ビジネスで成功するためには本をたくさん読まなければ!ということで1ヶ月...

アイディアのつくり方

2014年1月21日|未分類
水上 浩一です。 先日、「ライク・ア・ヴァージン ビジネススクールでは教えてくれない成功哲学 」リチャード・ブランソン (著)を読みました。 その中で、「仕事をするのはオフィスだけとは限らない。どこででも仕事はできる」という話がありました。そしてもう一つ意味がありました。刺激・楽しむことがビジネスアイディアには重要である、ということです。 踊る大捜査線的に言うと「アイディアは会議室で浮かぶものでは...

自分に解決できない問題は起こらないと信じること

2014年1月20日|未分類
水上浩一です。 まず最初に考えたいことがこのとてつもなく壮大な質問です。 「人間は何のために生きているのか?」 水上が最初にこの質問に出会ったのは中学1年生の現代国語の時間でした。 たしかそのときは、「子孫を残すため」 とか「生きるために」 とかそういった答えが出ていたように記憶しています。 そして今、水上はこんな回答を持っています。 「成長して幸せになるために生きている」 根拠はここでは申し上げ...

1点集中とは、執着しないこと

2014年1月20日|未分類
水上 浩一です。 EC実践会で水上がおそらく一番使っている言葉に「1点集中」があります。1点集中実践会と改名してもいいぐらいです(^^ゞ 経営的な問題からプライベートまで、基本的にはこの「1点集中」をキーワードに考えていきますと解決していく、もしくは思考がクリアになっていきます。 この1点集中ですが、とかく「集中」する方にそれこそフォーカスされるようですが、問題解決的に考えると、むしろ「集中しない...
1 30 31 32 33 34 35 36