ランチェスター戦略 ECセミナー

水上浩一EC実践会

水上浩一ブログ

1000倍差がつくビジネス思考法やランチェスター弱者の戦略、マーケティングのヒントをお届けします。

 > 

外部環境分析(1)PEST分析

2021年3月14日|You Tube, マーケティング戦略策定基本プロセス

「ネットショップ「勝利の法則」 ランチェスター戦略」(マイナビ出版刊)

■外部環境分析(1)PEST分析

「マーケティング戦略策定の基本プロセス」とは、
マーケティング戦略の立案から実行にいたるまでの流れのことを指します。
大きくは「分析」→「立案」→「展開」と進んでいきます。
今回は、外部環境分析(1)PEST分析について説明します。

PEST分析は、企業経営の前提となるマクロ環境を分析するフレームワークです。
PEST分析は「外部環境」のうち自社で統制することのできない「マクロ環境」を分析し、
自社が環境が今現在または未来にどのような影響を与えるのかを把握・予測し、
経営をはじめとした戦略を検討する際に使用します。
PESTは、P:Politics(政治)・E:Economy(経済)・S:Society(社会)・T:Technology(技術)の頭文字です。
PEST分析は経済学者フィリップ・コトラーが、自社業界を取り巻く外部要因を調査する手法として提唱しました。

P:Politics(政治)
法律(規制・税制)、政府・関連団体の動向、消費者保護、公正競争等
E:Economy(経済)
景気、価格変動(インフレ・デフレ)、貯蓄率、為替、金利等
S:Society(社会)
宗教、価値観、倫理観、社会規範、世論、脅威レベル、習俗習慣、ライフスタイル等
T:Technology(技術)
技術革新、特許、技術のライフサイクル、生産・商品化技術、代替技術等

たとえばホームセンター業界では、建設業界の死亡事故でもっとも多い「墜落・転落」の防止するために、
フルハーネス型安全帯の着用を義務化。2019年2月 新ルールによる法令・告示を施行。高さ6.75メートル以上で
フルハーネス型の着用を例外なく義務付ける(建設業では高さ5メートル以上)という法改正があり、
「フルハーネス型安全帯」のビジネスチャンスが到来しています。
これは、P:Politics(政治)法律(規制・税制)の項目となります。

また、2015年に国連サミットでSDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)が
採択されたことで、サステナビリティへの関心が世界的に高まっています。
日本における衣料品の廃棄量は年間で約100万トンといわれており、枚数に換算すると毎年約30億着の服が
捨てられていることになります。地球環境に大きな影響を及ぼしているとも言われています。
こうした背景を踏まえ、ファッション性と地球環境保護の両立を目指し、
サステナビリティを意識したブランドや企業が増加しています。
サステナブルであることがクールでオシャレだと消費者に訴えながらブランディングを図る企業も
多く見られるようになり、サステナブルファッションが有名ブランドを中心に広がりを見せています
これなどは、S:Society(社会)の社会規範、価値観、ライフスタイル等の項目になると思います。

SWOT分析における「機会(Opportunity)」や「脅威(Threat)」といったものはマクロ的な要因に
左右されることが多いので、ここにPEST分析で得た分析と影響度を加味した形で、
クロスSWOT分析に活用すると効果的だと思います。