ランチェスター経営 竹田陽一先生教材

水上浩一EC実践会

財務が簡単に解り、経理作業が4割コストダウンできる隠れた秘訣を公開

中小企業の社長にとって、財務や会計はとっつきにくい仕事になるので、弱者の1つなっています。でも安心して下さい。ランチェスター法則を財務に応用すると、資金の配分方法が簡単に解ります。さらに弱者の戦略ルールを経理に応用すると、経理の仕事が4割コストダウンできます。

1.資金の配分比率が資金繰りの善し悪しを決める。第1の検討課題

資金の配分比率が資金繰りの善し悪しを決める。第1の検討課題
財務における戦略は限りがある資金を、機械設備と固定資産、商品、売掛債権、現金・預金に、「どのような比率で配分すると業績が良くなるか」、これを考えることにあります。最適比率を考え出すことと簿記や会計の知識は全く別で、これには弱者の戦略知識差別化の知恵がないと答は出てきません。

2.経費の配分比率が業績の善し悪しを決める。第2の検討課題

経費の配分比率が業績の善し悪しを決める。第2の検討課題
経費の配分対象を大きく分けると、次の2つになります。1番目は、粗利益を作り出すときに直接 関係する、営業関連の仕事になります。2番目は、経理係を中心にした、内部関連の仕事に対する経費の配分になります。業績を良くするには限りある経費を「この2つ」に対して、どのような比率で配分すると経営力が最も強くなって業績が良くなるか、これをはっきりさせなければなりません。このとき、簿記や会計の知識は必要なく、むしろ戦略発想が中心になります。この教材では、とてもめずらしい方法でこれを説明していますからすぐ応用できます。

3.経理の仕事を3割~4割少なくする。第3の検討課題

経理の仕事を3割~4割少なくする。第3の検討課題
会計の仕事は必要です。しかし会計の仕事からは1円の粗利益も出ませんから、経理の仕事には思い切って革新を加え、3割~4割のコストダウンを図るべきです。以上のことを30人規模に焦点を当て、しかも営業感覚でまとめていますから、会計がニガ手な人でもすぐマスターでき、教材費は1カ月ですぐにモトが取れます。

社長の財務戦略と経理のコストダウン対策
社長の財務戦略と経理のコストダウン対策
社長の財務戦略と経理のコストダウン対策
社長の財務戦略と経理のコストダウン対策

社長の財務戦略と経理のコストダウン対策

商品番号 cdset126
当店特別価格 ¥ 11,000 税込
送料込
CD2巻。テキスト付 2時間24分